×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

貧乏男子ボンビーメン あらすじ

大学3年生の小山一美(小栗旬)は人が悩んでいるのを見過ごせない性分。
そんな性格のためヒトのために消費者金融からお金を借りてばったかりでその総額は79万円に。
ある日、一美(小栗旬)は恋焦がれているすみれ(仲 里依紗)と勘違いして詐欺の被害に遭う。
オムオム(ユースケサンタマリア)の部下にまんまと20万円騙し取られてしまう。
一美(小栗旬)はオムオムの部下を追う中、借金まみれの警察官(八嶋智ヒト)と消費者金融に勤めながら
自らも借金クセのあるOL(山田優)に出会う。
このドラマは心優しくノーテンキなオトコのビンボーコメディです。
そもそも一美(小栗旬)の不運の理由は大学内で21ものサークルに所属していること。
部費が足りないと相談されると無人契約機へ。後輩がチケットがさばけないのを知ると無尽契約機へ。
極度のお人よしから果たしなく借金を続ける一美(小栗旬)でした。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

貧乏男子ボンビーメン 出演者/キャスト

●小栗旬(小山一美)  他人のために借金ざんまい。気がつけば100万円オーバー。就職は内定し、普段は「COCOS」でバイト。
●ユースケサンタマリア(オムオム) ホストクラブ等を経営する大金持ち。一見気さくに見えるも、とたんに冷徹なスゴミをきかせる。
●八嶋智人(引田 修三)  交番巡査のおまわりさん。結婚詐欺?でオムオムから数百万の借金を抱える。
●山田優(中原未海)  消費者金融勤務のOL。買い物依存症でオムオムから借金している。
●仲 里依紗(新城 すみれ) 「世界を変えよう同好会」のメンバー。一美(小栗旬)が恋焦がれる存在。
見てほしいのは一美(小栗旬)が実はヒトの痛みを知っているオトコだというところ。
もしかして、自分がヒトに利用」されてるんじゃないか・・・と気づいているのではないか?
そんなビミョウなスパイスを小栗旬がきかせている。
でもタダの天然で気づいてないのかもしれない・・・そんなスパイスもきかせている。
気がつけば借金総額111万の大学生を小栗旬が見事に演じています。

貧乏男子ボンビーメン 小栗旬ついて

小栗 旬(おぐり しゅん) 生年月日 1982年12月26日 - ) 身長184cm 血液型O型
東京都小平市出身。明星学園高等学校中退。トライストーン・エンタテイメント所属。
小学校6年の時に児童劇団に入団。子役エキストラから俳優業をスタート。
1998年の『GTO』で連続ドラマ初のレギュラー出演(いじめられっ子の吉川のぼる役)。
高校に進学したが芸能界と勉学との両立はできず中退。
テレビ(アニメの声優としてレギュラー出演の経験もある)、映画、舞台など各方面で活躍中。
2008年1月から放送の『貧乏男子 ボンビーメン』では大学生役で連続ドラマ初主演。
父親は舞台監督の小栗哲家。兄は元俳優の小栗了。母はバレエの先生。姉がひとり。
愛犬が二匹いて名前はさくらとしづ。
ドラマ現場などでは常に高テンションをキープ、ムードメーカーである。
「ごくせん」で共演の松本潤と仲が良い。
【小栗 旬 動画】 貴重な映像です ↓

スポンサード リンク

Copyright © 2008 貧乏男子ボンビーメン 画像・動画・あらすじ・出演者